固定電話と携帯電話の弱点を知る

Topics

子供や高齢者の携帯電話の未来とスマートフォン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
国民の8割が持っていると言われている携帯電話ですが、実際に普及してきたのはここ10年くらいになります。高齢者が多くなってきた時代に突入して、携帯電話やスマートフォンなどの活用方法にも、多くの活路が見いだせてきました。小さい子供がいる家庭では、簡易型の機種を持たせて、緊急の連絡などに使っていたり、迷子になった時にすぐ連絡がつくようにするために、持たせている家庭も多くあります。こういった背景には通話料金の価格設定が安くなったということもあり、プランによってはかけ放題というものもあるので、一般家庭でも利用価値が高くなったといえます。少子化によって子供の教育にかける費用というのが、家計としても大きくなっているので、携帯電話などの通信費が安く済むようになると安心です。

そして、そのほかにも高齢者にも人気が出てきているというのも、見逃せないポイントです。さすがにスマートフォンはなかなか扱えないですが、通常のガラケーと呼ばれる携帯電話では、高齢者でも通話ボタン一つで扱うことができますし、中には写真を撮って友人や知人にメールをして送っている人もいます。人は環境に適応すると言われていますが、まさに今の高齢者では現代環境に適応して、難しい扱いにも慣れてきているということになります。わからないことはショップへ行って、店員に聞けばいいので、多少はわからないことがあっても、安心して使うことができるのがメリットです。

Copyright (C)2017固定電話と携帯電話の弱点を知る.All rights reserved.